吹浦バイパス工事
吹浦地図  吹浦バイパスは昭和49年度事業開始、昭和62年度吹浦高架橋下部工に着手した。
地形的に複雑なため施工や用地買収等様々な難題を克服し、平成8年10月西浜〜ブルーライン間を部分開通、事業開始後実に25年を経て平成11年11月に全線開通した。
旧7号は海岸沿いの断崖斜面を切り開いた関係で上り下りが多く、蛇行した狭い道路であり、又迂回道路がなく大型車の事故による全面交通止めがたびたび起きた。
景観は非常によいのだがゆっくり眺める余裕もない危険な道路でもあった。
 バイパス工事により交通の安全性と秋田方面への時間短縮をはかることが出来、地元に住む我々にとっては長年待ち望んだ道路であり感謝にたえない。
吹浦バイパスの主な工事経歴

 H2/8−H3/3 吹浦道路改良第2工事
 H5/3−H5/1 1吹浦道路改良第6工事
 H6/3−H6/9 吹浦高架橋床版工工事
 H7/3−H7/11 吹浦高架橋床版工工事
 H8/7−H9/1 吹浦道路改良工事
 H9/8−H10/11 女鹿高架橋下部工工事
 H11/2−H11/10 吹浦道路法面処理工事

吹浦橋 法面